新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

トンガ大使館「日本から緊急支援物資で水3トンが届きました」 長期的な支援を世界各国に要請


*防衛省Twitter
先週に大噴火が発生した南太平洋のトンガに日本からの緊急支援物資が到着しました。
緊急支援物資の第一陣は飲料水3トンで、駐日トンガ王国大使館は「今日トンガに日本からの緊急援助物資第一弾として飲用水3トンが届きました」とコメントし、日本への感謝のメッセージを伝えています。
日本が派遣したのはC130輸送機2機やおおすみ型輸送艦で、まずは航空機で輸送した物資が到着した形です。

トンガは大噴火と津波の影響で深刻な物資不足が発生しており、インフラ関係の設備も破損していることから、食料や水がトンガの全域で不足しています。

NHKの記事にも「ほぼ99%が灰で覆われていて、農作物への被害がでているほか物流がとまっている。食料が不足し、水も足りていない」と書いてあるほどで、世界各国に長期的な支援をトンガ政府は求めていました。

1月22日の時点でトンガ周囲の火山活動は小休止していますが、再び大きな噴火が発生する恐れもあり、依然として現地は緊迫した状況が続いています。

 

トンガの海底火山噴火から1週間 「長期的な支援が必要」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220122/k10013445121000.html

トンガで勤務する男性「現地はほぼ灰で覆われている」
1月15日にトンガ付近で発生した大規模な海底火山の噴火から1週間となる中、現地では、オーストラリアとニュージーランドが、20日から軍の航空機や艦船で飲料水や通信機器などの支援物資を届けているほか、日本の自衛隊の輸送機も22日午後、現地に到着し、初めて飲料水を届けるなど支援活動が本格化しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!