新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

統計不正問題、過大計上は4兆円か!?安倍政権時代に二重計上したデータ多く 全体の5%相当 朝日新聞


国の基幹統計である「建設工事受注動態統計」に大規模な不正が発覚した問題で、不正行為によって書き換えられた2020年度の統計が約4兆円過大になっていた疑いが浮上しています。

朝日新聞の調査によると、複数の専門家らの協力を得て不正行為の総額を試算したところ、2020年度の統計調査だけでも約4兆円ほど過大に水増しされていた可能性が高く、実績全体の5%に相当する大きな変動があったとのことです。
さらには2013年から2019年度の方が二重計上したデータ量が多いとして、2020年度よりも過去の方が過大計上されていたのではないかとも指摘。

建設工事受注動態統計は国内総生産(GDP)の計算に必要な基幹統計であり、ここで大規模な過大計上がされていたということはGDPそのものを水増ししていたと言えるでしょう。

すでに政府は事務次官ら10人の処分を決めていますが、数字的にもその程度で収まるとは考え難く、当時の安倍政権やアベノミクスの成果を宣伝するために、意図的な水増し行為があったとも見られています。

 

統計不正、4兆円過大計上か 20年度の全体5%相当 朝日新聞試算
https://www.asahi.com/articles/ASQ1S6K4LQ1SUTIL01C.html

国の基幹統計「建設工事受注動態統計」の不正をめぐり、国土交通省の本省職員が受注実績を無断で書き換えて二重計上していたことで、2020年度の統計が約4兆円過大になっていた疑いがあることがわかった。実績全体の5%に相当し、巨額の訂正が必要になる。13~19年度は二重計上したデータの量がより多く、さらに大幅に過大だったことになる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!