新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

検査無しでも医師が感染と診断可能に!新型コロナで政府が新方針 検査キット不足が深刻化


*厚生労働省
厚生労働省が新型コロナウイルスの診断について、自治体の判断によって検査を受けなくても、濃厚接触者に関しては医師の判断で感染の診断が出来るように見直すと表明しました。

これはNHKが報道した情報で、新型コロナウイルスの感染拡大から1月24日の記者会見で後藤厚生労働大臣は医療提供体制を確保するために、、現在の外来診療の在り方を見直すと発言。
診療や検査に時間が掛かっているとして、濃厚接触者で発熱などの症状がある場合、検査無しで医師の判断によって感染の有無を決めることが出来るとしています。

他にも症状があっても若くて基礎疾患無しならば、抗原検査キットなどで自ら検査して医療機関を受診することや、オンライン診療の積極的な活用を促すとしていました。

2022年に入ってから全国的に新型コロナウイルスの新規感染者数が爆発的に増えており、その影響で検査に必要なキットが各地で不足しています。
検査時間の短縮と同時に、不足している検査キットへの対応もあると思われ、近い内に国が正式な通達を全国の医療機関に出すとのことです。

 

濃厚接触者 検査なしでも医師が感染と診断可能に 厚労相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220124/k10013447951000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、後藤厚生労働大臣は、自治体が判断すれば、感染者の濃厚接触者に発熱などの症状が出た場合、検査を受けなくても、医師が感染したと診断できるようにする方針を明らかにしました。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、後藤厚生労働大臣は24日夜、記者団に対し、医療提供体制を確保するため、自治体の判断で、現在の外来診療の在り方を見直すことができるようにする方針を明らかにしました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!