新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

チェルノブイリ原子力発電所の電力回復!ベラルーシが協力 ロシア軍の原発制圧後に遮断


チェルノブイリ
ウクライナ北部のチェルノブイリ原子力発電所で、電力が復旧したことが分かりました。
チェルノブイリ原子力発電所は3月9日に進駐しているロシア軍の影響で電力を失っていましたが、ロイター通信は3月10日に地元メディアの情報として、3月10日にチェルノブイリ原発の電力が回復したと報道。

ベラルーシのルカシェンコ大統領が電力供給の確保に協力しているとして、電力のルートを確保したと取り上げられています。
チェルノブイリ原発が電力を失った詳細な経緯は不明ですが、原発を占領しているロシア軍によって遮断したと見られ、ある種の政治的な脅しだったのではないかと言われているところです。

 

ロシア「チェルノブイリの電力回復」、ウクライナに修理を許可
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-chernobyl-belarus-power-idJPKCN2L72I3

[ウィーン 10日 ロイター] – ロシアのエネルギー省は10日、ウクライナ北部のチェルノブイリ原子力発電所の電力供給が回復したと明らかにした。ベラルーシの協力が得られたという。

チェルノブイリ原発への電源供給回復
https://nordot.app/874660871769423872?c=39550187727945729

 ロイター通信によると、ロシアのエネルギー省は10日、ウクライナ北部チェルノブイリ原発への電力供給を隣国ベラルーシが回復させたと述べた。(共同)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!