新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

欧米諸国の武器支援、ウクライナの戦地に届いたのは10%だけ 東部セベロドネツクの激戦ではロシア軍が攻勢


*BBC
欧米諸国がウクライナに提供した武器支援の大半がまだ戦場に到着していないことが分かりました。

これはAFP通信が報道した情報で、ウクライナのハンナ・マリャル国防次官は6月14日にテレビ番組で欧米諸国に要請した武器の内、約10%しか届いていないと発言。
8割以上の武器が届いていないとして、「わが軍の練度がいかに高かろうと、西側のパートナー諸国の支援がなければこの戦争に勝つことはできないだろう」などと語っていました。

武器の入手が遅れるほどウクライナの犠牲が大きくなるとして、ロシアに奪われる面積も広がることになるとも警鐘を鳴らしています。

西側諸国からの武器提供はウクライナ側の要請と比べて数が少ない上に、輸送網が限定されている影響で戦場に多くが届いていないのが実情です。

ウクライナ東部ルハンシク州の「最後の拠点」とされるセベロドネツクの激戦でウクライナ軍の武器・弾薬が枯渇していると言われていますが、このままだと武器・弾薬の不足によってウクライナはロシアに負けることになるかもしれません。

 

ウクライナへの追加武器供与、国際会合で発表か 米国防高官
https://www.cnn.co.jp/world/35188947.html

ブリュッセル(CNN) 米国は15日にベルギー首都ブリュッセルで50カ国近くが参加して行われる会合で、ウクライナへの武器や装備品の供与が新たに発表されると見込んでいる。米国防総省高官が明らかにした。

ウクライナ当局者はロシアが東部ドンバス地方、特に最近激しい戦闘が行われているセベロドネツクで陣地を拡大していると警鐘を鳴らす。一部のウクライナ当局者からは、さらなる武器の流入がなければ、ロシアの前進の阻止や占領地の奪還がますます難しくなるとの声が上がっている。

西側提供の武器、届いたのは10% ウクライナ国防次官
https://www.afpbb.com/articles/-/3409780

【6月15日 AFP】ウクライナのハンナ・マリャル(Hanna Malyar)国防次官は14日、ロシアの侵攻に対抗するため西側諸国に供与を要請した武器について、これまでに約10%しか届いていないと語った。

マリャル氏はテレビ番組で「ウクライナがいかに奮戦し、わが軍の練度がいかに高かろうと、西側のパートナー諸国の支援がなければこの戦争に勝つことはできないだろう」と述べ、武器提供に要する時間の短縮を訴えた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!