新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍昭恵夫人に新たな問題か 雑誌「Brilliant」で広告塔に!300億円規模の資金、後に破産へ


*安倍昭恵
安倍昭恵夫人に新たな問題が浮上しています。問題視されているのは雑誌「Brilliant」の広告で、2014年夏号などにデカデカと安倍昭恵夫人の写真が掲載されていました。
そこには「私は総理大臣の一番近くにいる存在。皆さんの声を直接届けられる、国民の代表だと思っています」というような昭恵夫人の言葉もあり、広告としての威力はかなりあると言えるでしょう。

雑誌「Brilliant」の発行は中高年社交クラブ「Hana倶楽部」が行っていましたが、両方とも株式会社ロゼッタホールディングスが運営しています。
ロゼッタホールディングスは傘下の事業会社の未公開株の購入や、事業資金の小口出資をクラブで勧誘。その際に昭恵夫人の広告も利用されていたようです。

しかも、悪質なことに約300億円相当の資金を集めた後に、ロゼッタホールディングスは1月18日付で破産手続を開始。破産手続きの開始で未公開株の価値は無くなり、出資金の償還が難しい状態となっています。

安倍昭恵夫人が直接やったわけではないですが、首相夫人として安易に企業の広告を請け負う姿勢には強い疑問を感じると言えるでしょう。
今回の件では間接的に昭恵夫人も騙していた可能性があるわけで、その辺の経緯を含めて国民や資金提供者らに説明するべきです。
*首相夫人が企業の利益誘導に関与するのは禁止するのが良いと思うところ。

 

安倍昭恵が広告塔「300億円被害」怪しい会社の正体
https://smart-flash.jp/sociopolitics/34402


<私は総理大臣の一番近くにいる存在。皆さんの声を直接届けられる、国民の代表だと思っています>

一般の書店では見かけない雑誌「Brilliant」(2014年夏号)で「日本を代表するブリリアントレディ」として語っていたのは、首相夫人である安倍昭恵氏(55)だ。

本誌は、昭恵夫人が絡んだ「投資トラブル」をキャッチした。トラブルに巻き込まれたという女性はこう話す。

「出資を決めたのは、雑誌に昭恵さんをはじめとする政治家の奥様や、女性起業家が出ていて、このクラブは信用できる、と思ったからです」

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!