新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本政府の借金、計1087兆円に増加!国民一人だと859万円

*財務省
5月10日に財務省は日本政府の借金の総額を発表しました。

財務省によると、今年3月末時点で国債や政府短期証券などを合わせた政府の借金額は計1087兆8130億円になったとのことです。
昨年12月よりも2兆593億円の増額となり、過去最高の数字を更新しています。

国民一人あたりだと859万円のお金を政府に貸し出している計算。政府は銀行などを通して国債の購入を推奨しており、国の借金は国民が政府に貸しているお金だと言えるでしょう。

 

国の借金、1087兆円に増加 3月末、国民1人当たり859万円
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HOP_Q8A510C1000000/

 財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が3月末時点で1087兆8130億円になったと発表した。長期国債の残高増加が影響した。2017年12月末と比べ2兆593億円増え、過去最高を更新した。18年4月1日時点の総務省の人口推計(1億2653万人、概算値)で単純計算すると、国民1人当たり約859万円の借金を抱えていることになる。

 

以下、ネットの反応



情報速報ドットコムの最新記事が届きます!