新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

働き方改革関連法案、強行採決に怒りの声!過労死遺族ら「悔し涙が」「命を奪う法律だ」


5月25日に衆院厚生労働委員会で強行採決された働き方改革関連法案を巡って、過労死遺族からは怒りの声が相次いでいます。法案の通過後にメディアの取材を受けた遺族らは「命がかかった法案なのに、しっかり議論されないまま通るとは」と述べ、審議の過程に強い不信感をぶつけていました。

今回の法案の内容は過労死を促進するとして、「法案は明らかに過労死を助長する。国は過労死を防ぐ責務に違反している」などと反発。寺西笑子代表世話人は「久々に悔し涙が出てきた。命を奪う法律だ」というようなコメントを出し、与党の強行採決に怒りを示していました。

国会前では働き方改革関連法案に抗議する運動も行われていますが、森友文書問題などと比較すると規模は小さいところです。国民の多くが働き方改革の内容を理解していないのが現状で、このままだと後から色々と驚きの声が増えることになるかもしれません。

 

<働き方法案可決>人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000002-mai-soci

 「人の命がかかってるんだぞ、まじめにやれ!」。与党が働き方改革関連法案の採決に踏み切った25日の衆院厚生労働委員会。野党議員が怒鳴りながら高鳥修一委員長を取り囲む中、法案は与党議員らの起立多数で可決された。傍聴席で遺影を手にした過労死遺族らは目を潤ませ、にらみつけるようにして成り行きを見守った。【市川明代】

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!