新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

動画凍結に激怒のネトウヨ、YouTubeにクレーム!「勝手にBANされた」⇒「保護者に規約を読んでもらって」


YouTubeにあるネット右翼(ネトウヨ)のチャンネルが批判を受けて続々と停止している騒動で、チャンネル凍結に大激怒したネトウヨのいち部がYouTubeに抗議を行いました。

抗議を行ったネトウヨの方は「現在5ちゃんねる上にて 集団で嫌がらせによるYouTube動画をBANする動きがみられます
この様な嫌がらせによるBANが横行すると、YouTube自体の信頼性、信用性が損なわれると思いますがグーグルの方ではどのような対応をされているのでしょうか?」などと質問をYouTubeに投げ掛け、YouTubeの対応はおかしいと指摘。

更にはこの質問に同調する形で、「ご存知かどうかしりませんが、日本のYoutube運営にBANされたアカウントでも、米国Youtube本社と直接掛け合って、BANが解けた例が報告されています。つまりYoutubeの総意でBANされた訳ではなく日本の運営会社の判断でBANされた可能性が多分に高いようです」というようなコメントをするユーザーも出現しました。

これに対してYouTubeの回答者は「YouTubeのチャンネル停止は全世界同一の基準で行われており、異議申し立ての窓口も全世界同一です。このため、日本でチャンネルが停止されて、アメリカで停止が解除されるということはありません」と述べ、YouTubeの判断基準は全世界で同じだと説明しています。

また、BANが解けた事例も把握していないとして、その後もクレームを書き続けるネトウヨの方に対して、「もし内容がよく理解できないようでしたら、お近くのご家族や保護者の方に見ていただいてはいかがでしょうか?」というようなアドバイスをしていました。

ネトウヨ側はこれらの指摘に不満があるようで、今もYouTubeに対してSNSなどで批判の言葉を書き込んでいます。

 

集団嫌がらせによるYouTube動画BANについてエキスパートからの 10 件の返信
https://support.google.com/youtube/forum/AAAAdXh4oBonLfMh8o-NqQ/?hl=ja

↓ネトウヨのクレーム

現在5ちゃんねる上にて 集団で嫌がらせによるYouTube動画をBANする動きがみられます
この様な嫌がらせによるBANが横行すると、YouTube自体の信頼性、信用性が損なわれると思いますがグーグルの方ではどのような対応をされているのでしょうか?

永山誠次
ご存知かどうかしりませんが、日本のYoutube運営にBANされたアカウントでも、米国Youtube本社と直接掛け合って、BANが解けた例が報告されています。
つまりYoutubeの総意でBANされた訳ではなく日本の運営会社の判断でBANされた可能性が多分に高いようです。
こんな事例が在る以上、日本のYoutube運営会社は具体的な判断基準を提示すべきです。
また、BANが不服な方々は米国本社と交渉しましょう、己が正しいと信じなら米国にてそれを証明するべきです。
残念ながら日本では多くの反日分子があちらこちらに入り込み、姑息な手段で言論弾圧封鎖をしている現状です。
心有る方は既に思想・情報の内戦状態にあると考えてほしいと思います。

↓クレームに対する返答

2018年5月25日金曜日 3時25分26秒 UTC+9 永山誠次:
つまりYoutubeの総意でBANされた訳ではなく日本の運営会社の判断でBANされた可能性が多分に高いようです。

ポリシーに違反しているか否かの判断基準は世界中で統一されていますので、YouTube の総意だとお考えください。

こんな事例が在る以上、日本のYoutube運営会社は具体的な判断基準を提示すべきです。

YouTube のコミュニティ ガイドラインは公開されていますので、そちらをご参照ください。
ポリシー – YouTube
コミュニティ ガイドラインは日本語版が提供されていますし、利用規約とは違って平易な文章で書かれているはずですが、もし内容がよく理解できないようでしたら、お近くのご家族や保護者の方に見ていただいてはいかがでしょうか?

エキスパート – トップレベル ユーザー cybernory
「嫌がらせでやっている」という根拠が分かりませんが、YouTubeの動画再生ページの「報告」から、正式に報告しているのであれば、
YouTubeはそれに従って動画を審査して削除しています。

もし、問題があるのであれば、チャンネル管理者がYouTubeに対して異議申し立てを行うことができますが、
すでにアカウントが停止されているのであれば、それも難しいかと思われます。

エキスパート – トップレベル ユーザーkamikura
YouTubeのチャンネル停止は全世界同一の基準で行われており、異議申し立ての窓口も全世界同一です。
このため、日本でチャンネルが停止されて、アメリカで停止が解除されるということはありません。

エキスパート – トップレベル ユーザーcybernory
YPPとコミュニティガイドライン違反による動画削除、チャンネル閉鎖は関係ないかと思います。
YouTubeの正規のルートで、ユーザーさんから上がってきた「報告」を、YouTubeの担当チームが精査して動画削除、チャンネル閉鎖を行っています。
それ以上でも以下でもありません。
どこのプラットフォームでもそこを利用させていただいている以上、何らかのルール、規約は必要です。
審査半年待ち様も、社会生活を営んでいらっしゃるかと思います。
審査半年待ち様の会社にはルールもコンプライアンスも何もないのでしょうか?
たとえ、自営業であっても、お客様やお取引様との約束、決まりごとはあるはずです。
YouTubeに限っては、そのルールを破っていい、という理屈は通りません。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!