新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

原発事故の放射性物質、東京湾奥部に大量蓄積!最新調査で判明!「今も汚染が継続」


福島第一原発事故で発生した放射性物質が今も東京湾の奥部に大量蓄積していることが分かりました。

この調査を行ったのは近畿大の山崎秀夫・元教授らのグループで、首都圏に降り注いだ放射性物質が河川を通じて東京湾の奥に集まっていることが判明。
長期観測結果を米科学誌プロスワンに発表し、「蓄積した放射性物質が人の健康に悪影響を及ぼす可能性は低いが、放射性物質が集まっている場所でのしゅんせつなどによって汚染を拡散させないような注意が必要だ」と警鐘を鳴らしました。

今回の調査によって東京湾に流れ込んだセシウムの量は現在1㎡当たり年間約6万ベクレルと推定され、ほぼ変化は無いと発表されています。

調査は2011年8月から2016年7月の期間で行われ、東京湾と流れ込む河川の計約90カ所で土壌などを測定したとのことです。半減期の関係から「放射性物質はかなり減った」というような意見もありましたが、実際には放射性物質が消えずに残っていたことを示していると言えるでしょう。

 

放射性物質、東京湾奥部に集積 原発事故で放出
https://this.kiji.is/380261907120178273

 東京電力福島第1原発事故で放出され、首都圏に降り注いだ放射性物質のセシウムが河川を通じて東京湾奥部に集積し、現在でも汚染が続いているとの長期観測結果を、近畿大の山崎秀夫・元教授らのグループが米科学誌プロスワンに、15日までに発表した

山崎さんは「蓄積した放射性物質が人の健康に悪影響を及ぼす可能性は低いが、放射性物質が集まっている場所でのしゅんせつなどによって汚染を拡散させないような注意が必要だ」としている。

東京湾の放射性セシウム汚染はいま
http://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/617

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!