新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党・竹下亘総務会長「すごい災害になるという予想はしていなかった」⇒5日の時点で警報


自民党の竹下亘総務会長が豪雨対策の遅れについて、予想外の被害だったとコメントしました。

7月9日の記者会見で竹下氏は「どのような非難も受ける。正直言って、これだけすごい災害になるという予想は私自身はしていなかった」と述べ、今回の災害は予想外だったと強調。
これは7月5日に安倍晋三首相や自民党の重鎮たちが飲み会をしていた問題で批判を受けたことに対する弁明です。

自民党としては想定外の豪雨という形にして、やむを得なかったという論調にしたいと見られています。

一方で、気象庁は7月5日の時点で大雨注意報や警報を出していたことから、「予測はできた」「政府の対応が遅すぎる」などと批判の声が相次いでいました。

 

自民・竹下亘総務会長「どんな非難も受ける。これだけの災害になるとは予想せず…」
https://www.sankei.com/smp/politics/news/180709/plt1807090010-s1.html

 自民党の竹下亘総務会長は9日午後の記者会見で、西日本豪雨の初期段階にあたる5日夜に自身や安倍晋三首相を含む自民党議員数十人が懇談していたことについて「どのような非難も受ける。正直言って、これだけすごい災害になるという予想は私自身はしていなかった」と述べた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!