新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】5月のGDP、前月比2.1%の減少に!外需も民需も振るわず・・・ 


日本経済研究センターが発表しているGDP(国内総生産)の推計値で、5月の日本のGDPがマイナスになっていることが分かりました。

日本経済研究センターによると、5月のGDPは前月比でマイナス2.1%となり、外需も民需も低迷傾向が明確になったとのことです。

国内民需の内訳は民間住宅投資だけが前月比+3.0%と大きく増加していましたが、民間企業設備投資はマイナス2.1%、民間最終消費支出もマイナス0.2%と低迷。
更には外需も実質GDP成長率への寄与度がマイナス1.8%ポイントと、こちらも悪い数字となっていました。

政府の公共事業なども少なく、公需の成長率に対する寄与度は0%ポイントとなっています。そのため、合わせて5月のGDPはマイナス2.1%の減少と計算されました。
この数字はあくまでも推測値ですが、過去のデータを見ると的中率が高く、政府発表のGDPも同じようなマイナスとなりそうです。

 

月次GDP
https://www.jcer.or.jp/research/gdp/index.html


月次GDPは、政府が四半期ごとに発表しているGDP(国内総生産)について、各需要項目推計の際に基礎となる月次統計を利用して当センターが独自に推計、公表している、月ごとの日本経済全体の動きを把握する指標です。 毎月更新。

5月のGDP、前月比2.1%低下
―外需のマイナス寄与大きく、民需も振るわず―
2018年7月10日発表

矢根遥佳・日本経済研究センター研究本部研究員
日本経済研究センターがまとめた2018年5月の実質国内総生産(GDP)=月次GDPは、前月比▲2.1%となった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!