東京都心で35度超、全国各地が猛暑日に!豪雨被災地も暑さで注意喚起!38度に迫る場所も


全国各地で記録的な暑さとなっています。7月14日の天気は東京都心で35度を突破し、今年初めての猛暑日となりました。岐阜県や奈良県では37度を超えた場所もあり、豪雨の被災地でも猛暑日が相次いでいます。
岡山県高梁市で36度、愛媛県大洲市だと35度9分を観測していました。

これから夕方にかけても気温が高止まりする見通しで、気象庁は熱中症に厳重な警戒を呼び掛けています。特に被災地は冷房設備が不足気味となっていることもあり、水分や塩分補給はシッカリとやっておくようにしてください。

 

気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

各地で猛暑日に 熱中症に警戒 豪雨被災地では対策を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002


西日本と東日本は広い範囲で猛烈な暑さとなっていて、内陸部を中心にところによって、日中の最高気温が38度まで上がると予想されるなど熱中症に警戒が必要です。特に記録的な豪雨の被災地では、熱中症のリスクが高まっているとして、気象庁は、できるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。

天気予報
https://weather.yahoo.co.jp/weather/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)