サッカーW杯・ロシア大会、フランスが優勝!クロアチアとの決戦で4-2の激戦に!


今年のサッカーワールドカップ・ロシア大会は決勝戦でフランスがクロアチアとの激闘に勝利し、5大会ぶりに2回目の優勝となりました。

試合はクロアチアのオウンゴールでフランスの先制点から始まり、その後にクロアチアが一気に点を獲得して同点の激戦となります。最終的には後半戦で差を広げて、フランスが見事に勝利を勝ち取った形です。

フランスのデシャン監督は「最高で、本当に夢のようだ。19歳で優勝を経験できた選手もいる。決勝は並外れて優れた試合をした訳ではないが、精神的な質の高さは、示すことができたと思う。彼らは世界の頂上にいる」とコメントし、夢のような優勝だと語っています。

お互いのサポーターや市民も激戦を称え合っており、素晴らしい雰囲気のままでロシア大会は終了となりました。

 

サッカーW杯 フランスが優勝 5大会ぶり2回目
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180716/k10011534851000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

サッカーワールドカップ ロシア大会、フランス 対 クロアチアの決勝はフランスが4対2で勝って、5大会ぶり、2回目の優勝を果たしました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    クロアチアの方がいいサッカーしていた。
    不運だったのは、追い付いた直後のVARによるPK。

    どう見たってあれは故意のハンドじゃない。
    サッカーでかなわなかったフランスは必死のアピールで流れを引き寄せた。

    VARでぶち壊された決勝だった