新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

産経新聞社が首都圏と関西圏以外から撤退へ!20年メドに方針転換!全国紙の看板終了

*産経
産経新聞社が2020年10月を目処にして、全国各地の販売網を縮小することが分かりました。
報道記事によると、産経新聞は首都圏や関西圏以外の売り上げが激減しており、実売数が100万部程度まで落ち込んでいることから、コストカットのために地方はほぼ全面撤退するとのことです。

新聞紙の売り上げ減少は全国的な傾向でしたが、全国紙の中でも特に規模の小さな産経新聞はそれに耐えるだけの資金力が無かったと言えるでしょう。

産経新聞社は保守層や右派層からの人気が高いと言われていますが、それだけに過激な見出しや記事が物議を醸して炎上することも非常に多いです。
過激な内容がライト層の新聞離れを誘発したとも見られ、これからの産経新聞は熱心な購読者を囲って、地方紙として独自の主義主張を展開するメディアとして動くことになるかもしれません。

 

新社長が大ナタ。20年メドに首都圏と関西圏に販売網を縮小。全国紙の「地方撤退」が加速。
https://facta.co.jp/article/201812031.html

全国紙の一角を占めてきた産経新聞が2020年10月をめどに、販売網を首都圏と関西圏などに限定、縮小する方針を固めた。販売部数や保有資産の減少などで財務状況が厳しさを増していることから、大ナタを振るうことを余儀なくされた。これにより当日中に配達できない地域が相当生じることになり、同紙はコスト削減と引き換えに「全国紙」の看板を下ろすことになる。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!