ヘッドライン

東京地裁がカルロス・ゴーン前会長の保釈認めず 「証拠隠滅の恐れ」が原因?


起訴された日産のカルロス・ゴーン前会長について、東京地裁は保釈を認めない決定をしました。報道記事によると、これまでの経緯から東京地裁は証拠隠滅の可能性を危惧したと見られ、ゴーン氏の弁護士らが請求していた保釈要求を拒否したとのことです。弁護士側は決定を不服として準抗告する予定。

既にカルロス・ゴーン氏の逮捕から一ヶ月以上が経過していることもあって、国内外からは長期勾留に疑問の声が噴出しています。海外メディアの批判も根強く、検察としては何が何でも確定的な証拠を見つけようとして躍起になっている部分もありそうです。

 

ゴーン前会長保釈認めず 「証拠隠滅の恐れ」判断か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000088-kyodonews-soci

 東京地裁は15日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の保釈を認めない決定をした。ゴーン被告は全ての起訴内容を一貫して否認しており、証拠隠滅の恐れがあると判断したとみられる。弁護人が11日に請求していた。決定を不服として準抗告する方針。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    証拠隠滅って地検は証拠持って無いみたいじゃん
    保釈して裁判所が認めたおフランスに帰ったら時間がかかるし逃げちゃうし

  • 匿名 より:

    せめて1年くらい拘留して
    戦争犯罪者並に取り調べすればいいじゃん
    国会でも犯罪者扱いすればいい
    そうしないと森友学園や元陸自参謀の人が浮かばれない
    法の下の平等に照らせば10億円以上の脱税だから1年以上拘留必要

  • 匿名 より:

    証拠があるから逮捕・起訴するのではなく、逮捕してから証拠を集める、自白に頼るという日本の司法制度が浮き彫りになった。

    海外メディアにも自白するまで拘留すると批判されているが、証拠が十分なら保釈しても何ら問題はないはず。
    自白させなければ有罪に持ち込めないという事を内外に公表する様なもの。
    追い詰められているのは検察の方ではなかろうか?

  • 匿名 より:

    証拠になるいろんなものを確保できてません。ってか~?
    それじゃだめじゃん、何のために逮捕・家宅捜索・司法取引やってんの。

  • 匿名 より:

    引き延ばしして印象操作
    過去にもこういうパターンは多い。

  • 匿名 より:

    大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件
    2010 年1月27日、厚労省元局長・村木厚子
    みたいに何も証拠を入手出来ず改竄、捏造でもしたら今回は国際問題だからタダじゃ済まないぜw
    詐欺国家JAPAN

  • 匿名 より:

    法律違反していない=日産の内部問題 みたいにも思えますが,
    「違法じゃなくても腹立つ ので,長期拘留しておいて下さい」って思う人いっぱいいるだろうね。
    好き勝手をず~っと許していた日産関係者も逮捕してほしいなぁ。
    経営再建出来たころに,うまいこと言って,ゴーン氏を放り出しときゃ良かったんだよ。

  • 匿名 より:

    日本の司法制度ガー とか言ってる人、彼の母国フランスの捜査機関でも1年から4年拘留してると知ったらどのように論旨を変えるか見ものだなぁ

  • 匿名 より:

    >2019年1月16日 5:54 PM の方、
     
    それならJOCの疑惑の人にその体験をしてもらいましょう!!

  • 匿名 より:

    > 2019年1月16日 5:54 PM
    >日本の司法制度ガー とか言ってる人、彼の母国フランスの捜査機関でも1年から4年拘留してると知ったらどのように論旨を変えるか見ものだなぁ
      ↑
    フランスの司法制度のこと知らないから詳しく教えて下さい。
    予審制度の事をいっているのなら、フランスは推定無罪の考えが強く勾留は最後の手段。今回のような経済事件は在宅捜査が一般的だといわれていますが違いますか?

  • 匿名 より:

    連投失礼します。
    フランスは警察拘留は1日で、経済犯などは予審に入る前に取り調べが行われますので、日本のようにいきなり逮捕拘留という事ではないようです。
    例えばJOCの竹田会長が、昨年12月10日にフランスで起訴(mise en examen)されていた、とル・モンドが報じていますが、これが予審開始のようです。
    「mise en examen」になる前に、当事者は出頭を求められて聴取されます。
    その上で予審判事は「mise en examen」にするかどうかを判断します。
    その時点で、嫌疑の度合いが低ければ、そこで終わりという事もありますし、場合によっては「témoin assisté(補助証人)」というより軽い立場に置かれる事もあります。
    なので、出頭・聴取された上で「mise en examen」となっているという事は、嫌疑についてかなりの確証を得ていると見ていいようです。

  • 匿名 より:

    さてこの状態を国連で取り上げられた場合はどう説明します、安倍サン?!

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next