新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

4月消費支出、3か月連続のマイナス!前年度比で1.3%減!「消費に弱さが見られる」に修正


総務省が発表した最新の経済統計で消費支出が3ヶ月連続のマイナスになっていることが分かりました。

総務省によると、2018年4月に1人暮らし以外の世帯が支出した額は1世帯当たり29万4439円となり、前年度比で1.3%の減少になったとのことです。
また、サラリーマン世帯の収入も49万5379円と前年度比で0.2%減でした。

NHKはマイナスの理由について、「ことし春先の気温が高く暖房などの使用が減ったため、4月の光熱費の支払いが例年に比べ少なかった」と報道しており、気温の変化が原因になった可能性があると指摘しています。

一方で、ネット上では4月から各種税金などが引き上げられ、家計を圧迫している点を原因として指摘する声も多かったところです。

 

総務省 家計調査報告(二人以上の世帯)2018年(平成30年)4月分
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei07_01000155.html


消費支出
消費支出(二人以上の世帯)は, 1世帯当たり 294,439円
前年同月比 実質1.3%の減少 名目0.5%の減少
前月比(季節調整値) 実質1.6%の減少
変動調整値注
前年同月比 実質1.3%の減少 名目0.5%の減少

実収入
勤労者世帯の実収入(二人以上の世帯)は,1世帯当たり 495,370円
前年同月比 実質4.1%の増加 名目4.9%の増加
変動調整値注
前年同月比 実質0.2%の減少 名目0.6%の増加

“消費に弱さみられる” 4月消費支出 3か月連続減
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180605/k10011465021000.html

総務省の家計調査によりますと、ことし4月に1人暮らし以外の世帯が支出した額は1世帯当たり29万4439円でした。支出額は物価の変動による影響を除いた実質で去年4月より1.3%減り、3か月連続でマイナスになりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!