新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

辺野古基地建設、沖縄県の敗訴が確定へ 工事差し止め訴訟で県が取り下げ 最高裁で勝利の見込み無し 


沖縄県が辺野古基地建設の差し止めを求めた訴訟で、県が上告受理申し立てを取り下げたことが分かりました。

報道記事によると、県側は国が県漁業調整規則に反し、無許可で海底の岩礁破砕を伴う工事をしていると主張していましたが、最高裁で判決が覆る事はないと判断して申し立てを取り下げたとのことです。玉城デニー知事は今月19日に安倍晋三首相と面会しており、その時に土砂投入を停止した上での約1カ月間の集中協議を申し入れ、訴訟の上告を取り下げる方針を伝えていました。

玉城デニー知事としては最高裁で判例が確定するよりも先に取り下げることで、安倍政権との交渉カードに使おうとしたと思われますが、結果的に申し立ての取り下げだけになってしまった形です。ただ、今回はあくまでも工事差し止め訴訟だけで、沖縄県としては別の手法で国に対抗することになると思われます。

 

辺野古移設訴訟で敗訴確定 沖縄県が上告取り下げ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000570-san-soci

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、県が国の工事差し止めを求めた訴訟で、県は上告受理申し立てを取り下げた。裁判対象にならないとして県の訴えを却下した1、2審判決が確定した。最高裁が29日付で受理した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!