新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

塚田国交副大臣の忖度発言、安倍首相は「要望知らなかった」とコメント!吉田参議院幹事長らも忖度を要請か


自民党の塚田一郎国土交通副大臣が北九州市と山口県下関市を結ぶ道路事業について、安倍首相らの意向を「忖度(そんたく)した」と発言した問題が波紋を広げています。

野党からは辞任要求が提出され、連日のように忖度の有無が追求されているところです。これに対して安倍晋三首相は「(要望を)知らなかった」とコメントし、忖度は無かったと反論しました。

ただ、下関北九州道路の要望書には安倍晋三首相の名前も見られ、逆に野党の追及が強まっているところです。

政府与党からも「このままで大丈夫なのか?」「ちょっと言い過ぎ」「良くない発言」というような意見が聞こえ、今後の動き次第では地方統一選挙にも影響が出ることになるかもしれません。

 

塚田国交副大臣、釈明に追われる=忖度発言、与党も批判
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040401057&g=pol

安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の地元を結ぶ道路整備をめぐり、首相らの意向を「忖度(そんたく)した」と発言した自民党の塚田一郎国土交通副大臣は4日も釈明に追われた。立憲民主党など主要野党は改めて辞任を要求。与党内でも批判が出ており、世論の反応次第で進退問題に発展する可能性もある。

塚田国交副大臣「そんたく」発言の詳細
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190403/amp/k10011872051000.html?__twitter_impression=true

「皆さんよく考えてください。
下関は誰の地盤か。安倍晋三総理大臣だ。
安倍晋三総理大臣から麻生副総理の地元への、道路の事業が止まっているわけだ。
吉田参議院幹事長と大家敏志参議院議員が副大臣室に来て、『何とかしてもらいたい』と言われた。
動かしてくれということだ。
吉田氏が私の顔を見て、『塚田、分かっているな。これは安倍総理大臣の地元と、麻生副総理の地元の事業なんだ。俺が、何で来たと思うか』と言った。
私はすごくものわかりがいい。
すぐそんたくする」

「総理大臣とか副総理がそんなことは言えない。
森友学園などでいろいろ言われているが、そんなことは実際ない。
でも私はそんたくする。
それで、この事業を再スタートするためには、いったん国で調査を引き取らせてもらうことになり、今回の予算で国直轄の調査計画に引き上げた」


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
塚田氏の発言全文を読んでみると、吉田参議院幹事長と大家敏志参議院議員が具体的に要望していたとの発言もあるんですよね。「安倍首相の意向を忖度しちゃったんですよ~笑」みたいな感じで冗談を言ったのならば分かりますが、前後の発言を考えると冗談や虚偽の可能性は低いと思います。
実際に予算も計上されているわけで、この問題は徹底的に追求する必要がありそうです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!