新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

女性誌「ViVi」が自民党とコラボ広告、自民Tシャツをプレゼントも 異例の広告で物議!「血税を使うな」


女性誌「ViVi」が自民党とのコラボ広告を掲載したとして、ネット上で物議を醸しています。

問題となっているのは6月10日に公開された女性誌「ViVi」の「わたしたちの時代がやってくる!権利平等、動物保護、文化共生。みんなはどんな世の中にしたい?」というようなPR記事です。
ViViは記事の中で「どんな世の中にしたいか、自分の気持ちを #自民党2019 #メッセージTシャツプレゼント の二つのハッシュタグをつけてTwitterもしくはInstagramに投稿してね」などと呼び掛け、SNSでハッシュタグをつけて投稿すると、メッセージTシャツが13人に当たるとしていました。

このTシャツの肩には自民党のロゴが入っており、公式ホームページの宣伝文句には「Be Happy ハッピーに生きていける社会にしたい!」「Diversity いろんな文化が共生できる社会に」「Look at the Bigger picture 広い視野を持って」と大きく書いてあります。

具体的な広告費用は不明ですが、少なくとも数千万円規模のお金が動いていると見られ、国民からは「血税を使うな!」「一般向けの女性誌に出すのはおかしい」「印象操作そのもの」などと批判の声が相次いでいました。

朝日新聞社が取材した記事によると、講談社は「このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若い女性が現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したいと考えました。政治的な背景や意図はまったくございません」と述べ、政治的な意図や思惑はないと強調していたとのことです。
特定のファッション雑誌に政権与党が広告を出すのは異例中の異例で、広告の撤回を求める声もネット上では見られました。

↓自民党マーク入りのTシャツ

 

わたしたちの時代がやってくる!権利平等、動物保護、文化共生。みんなはどんな世の中にしたい?【PR】
https://www.vivi.tv/post33579/

女性誌ViVi、自民とのコラボに「ダサい」「いいね」
https://www.asahi.com/articles/ASM6C6TC6M6CUCVL029.html

講談社が発行する女性ファッション誌「ViVi」が10日、ウェブ版で自民党との広告企画記事を掲載した。政権与党とファッション関連媒体が組んで広告キャンペーンを展開するのは極めて異例だ。


●以下、ネットの反応

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!