新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

北海道県警のコメントが二転三転、安倍首相の演説で強制排除 「違反の恐れ」⇒「現場の警官の判断」「トラブル防止」


7月15日夕方に北海道の札幌駅前で、安倍晋三首相の街頭演説中に野次を飛ばした男性を地元警察が強制排除した問題で、北海道県警がコメントを発表しました。

朝日新聞の記事によると、最初に北海道県警は「ヤジが公職選挙法違反(選挙の自由妨害)にあたるおそれがある」と説明するも、その後に「聴衆同士のトラブルを防ぐための通常の警察活動だった」というような見解に変更。
公職選挙法違反についても「事実確認中」「個別の法律ではなくトラブル防止のため、現場の警官の判断で動いている」として、当初の意見を大幅に変えていました。

今回の強制排除問題はネットを中心に波紋を広げており、専門家からは「警察の権限を逸脱した行為」「一個人の野次が公職選挙法違反になるとは思えない」などと批判を浴びています。警察側が世論の反応を見て、後から見解を変更した可能性が高く、排除理由によっては更に批判が強まりそうです。

 

「選挙妨害か確認中」と道警見解変える ヤジの市民排除
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000104-asahi-pol

札幌市で安倍晋三首相の街頭演説中にヤジを飛ばした市民を警官が取り押さえて排除した行為について、北海道警は17日、聴衆同士のトラブルを防ぐための通常の警察活動だったと説明した。当初は、ヤジが公職選挙法違反(選挙の自由妨害)にあたる「おそれがある」としていたが、「事実確認中」と見解を変えた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!