新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党の石井浩郎議員に金融商品取引法違反が浮上!金融取引で最大6200万円の証拠金不足、JPアセット証券で取引継続

*石井議員
今度は自民党の石井浩郎参議院議員に金融商品取引法違反が浮上しています。
問題となっているのは石井議員が行ったデリバティブと呼ばれる金融商品の取り引きで、担保として預ける証拠金が40万円~6200万円不足していたにもかかわらず、JPアセット証券が取引を認めていたことが発覚。
本来は証拠金不足となった時点で全てのポジションが強制決済となり、取引が出来なくなりますが、議員特権という形でそれを回避していたと報じられています。

石井議員は「認識が甘く勉強不足でした」とコメントしていますが、証券取引等監視委員会は法律で禁じられた「特別な利益提供」であるとして、この会社に行政処分を行うよう金融庁に勧告しているところです。

相次ぐ自民党議員の不祥事に政府与党の「ゆるみ」を指摘する声も多く、国民からは「またか」と呆れ気味の声が相次いでいました。

 

自民 石井浩郎参院議員にJPアセット証券が利益提供
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190905/k10012065321000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

自民党の石井浩郎参議院議員が行った金融商品の取り引きをめぐり、JPアセット証券が担保として預かる証拠金が不足していたにもかかわらず、取り引きを続けるなどの利益提供を行っていたことが関係者への取材で分かりました。証券取引等監視委員会は、金融商品取引法に違反しているとして、この会社に行政処分を行うよう金融庁に勧告しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!