新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【警戒】東京23区の3割浸水?最悪の事態で約395万人が浸水域に!満潮時刻と台風19号が一致する恐れ


昨年に東京都が発表した浸水区域図が話題になっています。

2018年3月30日に東京都は過去最大級のスーパー台風の上陸と、高潮が発生した場合の浸水区域マップを発表し、東部を中心に東京23区の3分の1の面積にあたる約212平方キロメートルが浸水すると明らかにしました。
堤防の決壊などが発生すると、広範囲にわたって1週間以上も水が引かない恐れがあるとして、東京都は避難計画の準備や対策の強化を促しています。

元々、今の東京は江戸時代辺りから埋め立てられて拡大した経緯があり、かつては海や川だった場所も多いです。特に東部は地表の高さが低く、高潮とスーパー台風が合わさると水没するリスクが一気に跳ね上がります。
台風19号によって東京都の想定が現実の物となる可能性があると言え、東京都にお住まいの方は今から入念に備えておく必要がありそうです。

 

東京都 高潮浸水想定区域図(浸水区域、浸水深)
https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/yakuwari/takashio/fd.html

「スーパー台風」高潮で東京23区の3割浸水 都が想定 一週間以上水が引かない地域も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28798530Q8A330C1000000/

「スーパー台風」が上陸し、高潮が発生した場合に想定される浸水区域図を発表した。東部を中心に23区の3分の1の面積にあたる約212平方キロメートルが浸水。堤防の決壊などで、広範囲にわたって1週間以上、水が引かない地域が発生すると予測している。都と各区は想定をもとに住民の具体的な避難方法などの検討を進める。

 

関連過去記事

今からできる台風対策!窓の強化や停電対策、外の物は屋内へ 必要な防災用品は?水や食料、生理用品など
https://johosokuhou.com/2019/10/10/19416/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!