ヘッドライン

長野市の千曲川決壊、国からの情報無し!「決壊のおそれがあるという情報が出された段階で決壊発生と同じ」


今月12日に台風19号で堤防が決壊した千曲川について、決壊の情報が長野市に伝達されていなかったことが分かりました。
これはNHKが報道した情報で、当初は「国からの情報を得ていた」と市は説明していましたが、実際には担当者の勘違いで国からの情報は無かったと報じられています。

13日午前1時すぎに氾濫の恐れありとして、国は最も高いレベル5にあたる氾濫発生情報を発表し、長野市の加藤市長は午前2時過ぎに「堤防が決壊のおそれがある」との緊急速報メールを送信していました。

国が堤防の決壊情報を市町村に提供することを義務付けた法律は存在しておらず、現在は河川の水が堤防を越える越水が確認された時点で「氾濫発生情報」を発表する形となっています。

加藤市長はNHKの取材に「決壊が起これば逃げるのは不可能だと思う。決壊のおそれがあるという情報が出された段階で、決壊の発生と同じだと受け止めてほしい」とコメントしており、決壊の恐れと発表された段階で決壊と同じレベルだと思ってほしいと強調していました。

堤防の決壊を巡っては情報の伝達体制が不十分だとの指摘が相次ぎ、国や自治体との情報伝達を見直す動きが出ています。

 

千曲川決壊「実際には国から情報受けていなかった」長野市
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012147471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

台風19号の豪雨で千曲川の堤防が決壊したことについて、長野市は国から決壊の情報を得ていたと説明していたことについて、「担当者の勘違いだった」として実際には国から決壊の情報を受けていなかったことを明らかにしました。

長野市の穂保とその周辺では台風19号の豪雨で千曲川の堤防が決壊し、2人が亡くなったほか多くの住宅が水につかる被害を受けました。

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    まともな人なら
    「国の最大の役目は国民の生命と財産を守ること」と知っています。
     いろいろな国(ヒドイ国でも)のトップも少なくとも口ではそう言います。
     *私たちの住むこの国は,世界の常識が通じない国なのです。

  • 匿名 より:

    河野太郎が東京都内で開いた政治資金パーティーにて
    河野「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」
    会場大爆笑
    自分は資金稼ぎ、台風を揶揄して大爆笑
    これが自民党です

  • 匿名 より:

    >午前2時過ぎに「堤防が決壊のおそれがある」との緊急速報メールを送信
    午前2時過ぎ・・・もはや闇討ち

  • 匿名 より:

    決壊の情報なんて待っていたら遅すぎる
    とっくの前からハザードマップに浸水すると記載されていたのだから
    だから国から情報が来なかったなんて事はどうでもいい事
    どこかに責任なすりつけるのに必死だな。レベル5で自分の命守るべきなのにさっさと逃げろとしか言えないでしょ

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next