新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

山本太郎特集を掲載した「Newsweek」、売上が1.5倍に増加!「山本代表が野党を飲み込んでしまう可能性も」


れいわ新選組の山本太郎代表を特集した雑誌「Newsweek」の売上が1.5倍に急増していることが分かりました。

Newsweekは11月5日号で「山本太郎現象」というようなタイトルで特集記事を掲載し、その中で山本太郎氏の生い立ちかられいわ新選組の勢いまでをまとめて紹介。この特集号はネットを中心に話題となり、各地で続々と売れるほどに注目を集めました。

最終的にはNewsweekの予想を超えるような売上となったようで、長岡義博編集長はAbemaTVの番組で「普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」とコメントしています。

山本太郎氏は小さな政党の代表という立場を超えて、カリスマ的な人気がある野党屈指の実力系政治家だと言えるでしょう。それがNewsweekの売上を示していると言え、これからも山本太郎氏の活動が広がれば、さらに世間の注目度は跳ね上がりそうです。

 

山本太郎特集で売れ行きが1.5倍!『Newsweek』編集長「山本代表が野党を飲み込んでしまう可能性もある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010001-abema-pol

こうした疑問に山本代表がインタビューで直接答え、話題となっているのが「山本太郎現象」と題した『Newsweek日本版』(11月5日号)の特集だ。雑誌名よりも山本代表を押し出した表紙で、通常の1.5倍の売上を記録しているという。同誌の長岡義博編集長は「雑誌のリニューアル号だったので、強いネタを持っていきたかった。やはり彼は参院選以降ずっと政治の中心にいたし、男性向けライフスタイル誌『GQ』も同じタイミングで山本代表をカバーに持ってきた。日本の大衆の中で受け入れられる素地ができていると思う。Newsweek日本版は普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」と話す。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!