ヘッドライン

山本太郎特集を掲載した「Newsweek」、売上が1.5倍に増加!「山本代表が野党を飲み込んでしまう可能性も」


れいわ新選組の山本太郎代表を特集した雑誌「Newsweek」の売上が1.5倍に急増していることが分かりました。

Newsweekは11月5日号で「山本太郎現象」というようなタイトルで特集記事を掲載し、その中で山本太郎氏の生い立ちかられいわ新選組の勢いまでをまとめて紹介。この特集号はネットを中心に話題となり、各地で続々と売れるほどに注目を集めました。

最終的にはNewsweekの予想を超えるような売上となったようで、長岡義博編集長はAbemaTVの番組で「普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」とコメントしています。

山本太郎氏は小さな政党の代表という立場を超えて、カリスマ的な人気がある野党屈指の実力系政治家だと言えるでしょう。それがNewsweekの売上を示していると言え、これからも山本太郎氏の活動が広がれば、さらに世間の注目度は跳ね上がりそうです。

 

山本太郎特集で売れ行きが1.5倍!『Newsweek』編集長「山本代表が野党を飲み込んでしまう可能性もある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010001-abema-pol

こうした疑問に山本代表がインタビューで直接答え、話題となっているのが「山本太郎現象」と題した『Newsweek日本版』(11月5日号)の特集だ。雑誌名よりも山本代表を押し出した表紙で、通常の1.5倍の売上を記録しているという。同誌の長岡義博編集長は「雑誌のリニューアル号だったので、強いネタを持っていきたかった。やはり彼は参院選以降ずっと政治の中心にいたし、男性向けライフスタイル誌『GQ』も同じタイミングで山本代表をカバーに持ってきた。日本の大衆の中で受け入れられる素地ができていると思う。Newsweek日本版は普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」と話す。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    こちらにも書いておこう。
    山本太郎代表率いるれいわ木村議員が11月5日に、そして舩後議員が11月7日に、重度の障がい当事者議員として国会で初めて質疑を行った。今後は国会以外の社会活動においても当たり前の光景となることだろう。
    これを選挙によって国民ひとりひとりの投票で実現した意義は大きい。もちろん入れた。もはや障がい者が遠慮深く、すみっこで生きていく時代ではないという象徴となった。この村八分社会日本に、やっと新しい光が差し込まれた。
     
    そして上の参照コメントにもあるように、
     
    >山本太郎が野党を飲み込むじゃなくて
    >俺たち庶民が上級や世襲の腐った政治を飲み込むんだよ
    >あの人がやるじゃダメなんだよ
    >俺たち一人一人がやるんだよ主役になるんだよ
     
    まさにその通りだ。与党政権にひるむ事はない。奴らが心底怖いのは民衆の団結だ。
    その妨害工作に惑わされることなく、真実を見極めて、投票に行こう。

  • 匿名 より:

    日米貿易協定 断固阻止! グローバリズム粉砕!
    2019年11月8日 9:27 PM

    小さな組織にして弱体化させてどうすんだよ・・・言ってること無茶苦茶だわ

  • 匿名 より:

    山本太郎の記事に必ず長文おじさんが湧いてくる様子を見ると、れいわ新選組がネトウヨにとっていかに脅威であるのか、よくわかりますね。

  • 匿名 より:

    >日米貿易協定 断固阻止! グローバリズム粉砕!
    >2019年11月8日 9:27 PM

    まさに、民衆の団結に対する妨害工作の典型例だ。9:10PMより。

  • 匿名 より:

    兵庫県の北部という陸の孤島で、山本太郎のポスターが2枚貼ってあったのを見たよ。
    すごいな、山本太郎!
    インターネットの力もあるだろうが、こんなド田舎まで情報が来て、誰かが動いてる。
    がんばれ!

  • 匿名 より:

    籠池氏の記者会見の動画が削除されまくっている模様。
    よほど都合が悪いとみえる。

    ネトウヨ、また緊急総会・大量増員かな?

  • 匿名 より:

    キチガイ立花やネトウヨかぶれのコメンテーターとか出してないで、もっと山本太郎特集したら?まあ、スシローやミヤネやアベサポバカを忖度して出してる時点で終わってるけど。

  • 匿名 より:

    >キチガイ立花やネトウヨかぶれのコメンテーターとか出してないで
    「総務省、NHKのネット同時配信案に再検討を要請 肥大化に懸念」産経ニュース
    現政権のさらに上の方の顔ぶれが変わって、NHKの大暴走に歯止めをかけているっぽい。
    そろそろN国党は用済み。

  • 匿名 より:

    でも入れない
    焼け石に水だし、日本が余計に孤立するだけです
    中産階級未満しか支持者いないでしょ
    選挙すら興味ないです
    もう、手遅れなんだから今のままで死ぬまでお金足りればいいよ

  • 匿名 より:

    アベ友・NHK 経営委員長・石原進氏。

    安倍首相 「川内はなんとかします」 九電会長らと会食
    石原進氏も同席。

  • 匿名 より:

    >選挙すら興味ないです
    もう、手遅れなんだから今のままで死ぬまでお金足りればいいよ
    >>そういうのいけませんよ

  • 匿名 より:

    今の日本には、若く・雄々しく・逞しく・驀進力のある
    勇士の如き政治家が必要なのです。

  • 匿名 より:

    > 手遅れなんだから今のままで死ぬまでお金足りればいいよ
    .

    1行5円のバイトで、お金、足りてるの?

  • 匿名 より:

    太郎は安倍の刺客にやられるだろうな

  • 匿名 より:

    >/2019年11月9日 10:34 AM
    今までのクソ安倍のやり方見てて死ぬまでにお金が足りない状況におとしめられるかもしれないという危機感はないの??

  • 匿名 より:

    11月9日 11:30 AM
    >焼け石に水だし、日本が余計に孤立するだけです

    1行20円、交替制、ネット端末貸与

  • 消費税5%だけだと50点  ごん より:

    消費税5%だけの主張だと、⇒減った税収に合わせて政府支出も削減するって話になる。
    これは、ネオリベ思想に沿ったもので、今の霞が関なら削減になる。
    野田豚の「甘い事言ってんじゃない」という恫喝は、この事を言っていて、枝野ら多くの立憲民主の議員も「この事に怯えている」。
    なので、年金生活者は「れいわ」に「真面目にやれ(政府支出を減らすな)」と言う。

    山本太郎(れいわ)が、言っているようで言っていないのが、「新自由主義経済からの決別」。
    政策上は反ネオリベだが、「言葉として『新自由主義経済からの決別』とは言っていない」。この言葉を口にした時点で、ネット上では猛バッシングになるだろう。
    新自由主義経済を採らないから、消費税の税収分は法人税、所得税で穴埋めする、という政策の担保が取れる事になる。
    ⇒霞が関に国民の意思として「政策の変更」を指示できる。
    一般国民はMMTなんて言われても分からないから、この様に主張すべきだろう。

    今、問題の「大学入試改悪」の件、この件も、ネオリベ政策「官(公)=文科省から民(私)=べベネッセ」の典型だから。

  • 匿名 より:

    リーマン以後初 上場企業2年連続減益へ… 製造業は2ケタ減

  • 戸田城聖 より:

    自民党の息の根止める手っ取り早い方法は宗教法人創価学会を揺さぶって公明党の権力を潰す事だ。やつらは警察検察組織にまで力を行使している。
    小沢一郎はかつて公明党を利用しようとした政治家だが、正しい宗教ならともかくカルト宗教を利用しようとすればその報いは悪い因果で返ってくる。
    山本太郎が選挙で創価学会を標的にしたのは真に正しいやり方だ。
    かつて自民党は創価学会を揺さぶって味方につけたのだが、心根が悪いから結果的に国は衰退する方向に向かっている。これが仏教でいうところの現証である。
    民主党はかつて勢いがあった頃に創価学会の金問題を追求したが辞めてしまったために結果として民主党は落ちぶれた。カルト宗教というのは悪運すら強いから厄介なのだ。
    創価学会公明党は信用ならぬ人間組織の集まりだ。
    山本太郎は間違っても創価学会票を期待するような戦い方はすべきではない。
    むしろ山本は創価学会の歴史や暗部について研究し戦い方を練るべきだろう。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next