新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、国連演説を断られていた!火力発電の推進で懸念 菅官房長官「日程の都合上、参加できなかった」

*官邸
安倍晋三首相が9月の気候行動サミットで、国連側から演説を拒否されていたことが分かりました。

報道記事によると、日本政府が国連本部での安倍晋三首相の演説を要望するも、二酸化炭素の排出抑制の取り組みなどで方針が異なるとして、国連側から断られていたとのことです。
当時の日本政府は「スケジュールの都合が合わなかった」と説明しており、これが事実ならば政府の説明が嘘だったということになります。

一方で、菅官房長官は「国連側から発言要請があったが、日程の都合上、参加できなかった」と説明し、報道内容を否定していました。どちらが事実なのかは分かりませんが、国連から否定されたのが本当だとすれば、重大な問題となりそうです。

 

国連気候サミット、安倍首相の演説断られた事実ない=官房長官
https://jp.reuters.com/article/abe-un-climate-idJPKBN1Y305H

[東京 29日 ロイター] – 菅義偉官房長官は29日閣議後の会見で、9月に米国の国連本部で開かれた「気候行動サミット」で、安倍晋三首相が国連側から演説参加を断られていたと報道されたことについて、事実関係を否定した。

安倍首相、国連演説を断られる 9月の気候行動サミット
https://this.kiji.is/572891566403535969

深刻さを増す地球温暖化に対処するため9月に米ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」で、日本政府が安倍晋三首相の演説を要望したが国連側から断られていたことが28日、分かった。二酸化炭素(CO2)の排出が特に多い石炭火力発電の推進方針が支障になったという。主催したグテレス国連事務総長は開催に先立ち「美しい演説ではなく具体的な計画」を用意するよう求めていた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!