新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

地震予測は可能?地震予測で学者達が激論!深層NEWSで地震特集!否定派のゲラー教授「南海などは来てない」

*阪神淡路大震災
1月16日に放送されたテレビ番組「深層NEWS」で地震予測や地震予知が特集されました。

この番組は25年目となった阪神淡路大震災に合わせて放送された地震特集で、「地震は予測できるのか?」として専門家らをゲストに招いて、地震予測や予知について議論を行います。

地震予知を強く否定している東京大学名誉教授のロバート・ゲラー氏は「危ないとされている南海や東南海、東海で何も起きてない」「(地震調査研究推進本部が発表した地震予測図)ハザードマップはハズレマップだ」と述べ、実際の予想が外れていると指摘。
逆にハザードマップの存在が勘違いを誘発しているとして、地震予測や予知は無理だと言及していました。

一方で、京都大学教授の鎌田浩毅氏は「予測は広いアバウトな数字で予知は年月日。予知は厳しくても予測はある程度出来る」と述べ、地震予測の全部が悪いわけではないと反論しています。
また、首都大学東京名誉教授の中林一樹氏も「今はハズレマップだとして南海トラフや首都直下地震が来たら当たりマップになってしまうんですよ」「ハザードマップの黄色い部分で地震が起きないと思うほうが間違っているんです」と言及し、否定派のゲラー氏に疑問を投げ掛けました。

番組の中で「地震予測で予算を騙し取っている」とまで発言していたゲラー氏との激論は最後まで続き、ネット上でもその様子が話題になったところです。
色々な意味でインパクトのある内容で、改めて地震予測やハザードマップと向き合う良い機会になりそうだと言えるでしょう。

 

深層NEWS 阪神・淡路大震災25年 大地震に備える
https://tver.jp/corner/f0045208

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!