新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】としまえんが閉園検討!都内で90年の歴史を持つ遊園地、跡地にはハリーポッターのテーマパーク

*としまえん
東京で90年の歴史を持つ遊園地「としまえん」が閉園を検討していることが分かりました。

NHKの記事によると、としまえんを運営している西武グループが段階的な閉鎖を検討しており、跡地の大半は東京都が買収した上で、残りの土地にはアメリカ企業の「ワーナー・ブラザース」がハリー・ポッターのテーマパークを建設する方向で動いているとのことです。

としまえんは首都圏有数の遊園地で、大型プールからジェットコースターまで様々な乗り物をお手軽に楽しめることから、90年にわたって地元住民に親しまれていました。いわゆる「流れるプール」を世界で初めて作った遊園地でもあり、としまえんのメリーゴーランド・エルドラドは現存する最古のメリーゴーランドとして認定されています。

国内の遊園地は少子高齢化の影響で二極化が顕著化している状態で、としまえんを運営している西武グループもここ数年は財政状態が悪化していました。

突然の閉鎖報告に、都民から驚きの声が相次いでいます。
ネット上ではとしまえん閉鎖を取り止めるように求める声も多く、ハリーポッターの遊園地は要らないとして、売却交渉の失敗を望む意見もありました。

 

としまえん 閉園検討 跡地に“ハリポタ”テーマパークの交渉も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200203/k10012270111000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

東京の遊園地で90年を超える歴史を持つ「としまえん」が段階的に閉園し、跡地に東京都の公園や、小説や映画が世界的に人気の「ハリー・ポッター」のテーマパークを整備する交渉が進められていることが関係者への取材で分かりました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!