新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

景気動向指数がリーマンショック以来の大幅下落に!12月の指数は94.7 消費増税の直撃で経済壊滅!


内閣府が発表した景気動向指数がリーマンショック以来の大幅な下落となりました。

2月7日に発表された2019年12月の景気動向指数は速報値で94.7となり、正常値とされる100.0を大きく割り込んでいます。

これは2014年の消費増税を超える大幅なマイナスで、米中貿易摩擦などから経済が下方向に傾いたところに、10月の消費増税で一気に下落幅が増大。
7ヶ月後方移動平均は1.05 ポイント下降し、14ヶ月連続の下降となっています。

明らかに日本経済が景気後退期に入っていることを示していると言え、安倍政権が決めた消費増税がリーマンショックに匹敵する大きな景気後退を引き起こしてしまったと見ることが出来そうです。

 

内閣府 景気動向指数
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/201912psummary.pdf

19年の景気動向指数、落ち込みはリーマン以来の大きさhttps://www.nikkei.com/article/DGXLASFL07HPQ_X00C20A2000000/

内閣府が7日に発表した2019年12月の景気動向指数(CI、速報値)は景気の現状を示す一致指数が94.7となった。前の年からのマイナス幅は世界的な経済危機を招いたリーマン・ショック時以来の大きさとなった。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!