新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

経済産業副大臣が「マスクの流通回復は困難」と言及!シャープはマスク工場で1日15万枚を生産へ


経済産業省の牧原秀樹経済産業副大臣がマスクの生産状況について、「流通回復は困難」との認識を示しました。

3月26日にマスク工場の視察を行い、その場でメディア取材に応じた牧原副大臣は「十分な量が流通する時期のめどはついていない」とコメント。日本政府やメーカーはマスクの生産量を大幅に増産しているとした上で、マスク不足を解消する見通しは不明としています。
当初は3月頃までにマスク不足を解消すると菅官房長官らが豪語していましたが、実際には3月末が過ぎてもマスク不足の状態が続いているところです。

大手家電メーカーのシャープはマスク工場を新たに設置し、3月24日から1日あたり15万枚の生産を開始しました。それでもマスク不足は全く解消される気配がなく、今後もしばらくはこの状態が長引くことになりそうです。

 

マスク増産も…副大臣「十分な流通めど立たず」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00010004-sbsv-l22

経済産業副大臣が3月26日、富士市のマスク工場を視察しました。大手医薬品メーカーが国の補助金を受けて生産量を増やしました。
富士市のマスク工場を視察したのは、牧原秀樹経済産業副大臣です。経済産業省はマスクの供給量を増やそうと、全国14社に補助金の交付を決めています。このうち愛知県に本社を置く医薬品メーカー興和の富士工場では、3月13日から新しい設備で増産を始めました。牧原副大臣は従来の2倍以上の速さで生産できる世界最先端の設備を視察したあと、この日の初出荷を見届けました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!