新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

レムデシビルで新型コロナの治療、失敗と発表!臨床試験で患者の症状は改善せず WHOが誤って情報開示

*ギリアド・サイエンシズ
新型コロナウイルスの治療薬として期待されていた「レムデシビル」の臨床試験が失敗に終わったことが分かりました。
これはWHO(世界保健機関)が誤って公表した報告書に掲載されていた情報です。

WHOの報告書によると、レムデシビルを投与された患者の症状は改善せず、血中のウイルスの量の減少も確認できなかったとのことです。
この報道を受けて治療薬を作っている米ギリアド・サイエンシズの株価は急落しており、ギリアド側が慌てて「早期に打ち切られた試験の結果であり、結論を導くことはできない」などと反論の声明を出す騒動になっています。

失敗されたとする臨床試験は中国で患者を無作為に選んで行われた物で、海外メディアは「WHOが臨床データを意図的にリークした」とも報じていました。

 

ギリアドの新型コロナ薬、治験失敗と報道 WHOが誤って情報開示
https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN2253E9?__twitter_impression=true

[23日 ロイター] – 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は23日、米ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)の新型コロナウイルス感染症治験薬の初期臨床試験が失敗に終わったと報じた。これに対しギリアドは、早期に打ち切られた試験の結果であり、結論を導くことはできないと反論した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!