新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナ予防できず?抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンの報告、論文撤回で真偽不明!調査会社に問題か


「抗マラリア薬・ヒドロキシクロロキンが新型コロナウイルスに効果が無い」とする臨床試験の調査報告をまとめた論文が撤回されました。

撤回されたのはアメリカやスイスの研究グループがまとめたおよそ9万6000人分の患者のデータです。
発表された論文には「患者のデータを分析した結果、抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンが新型コロナウイルスを予防する効果は認められなかった」とまとめられ、ヒドロキシクロロキンの効果を強く否定していました。

しかしながら、その後に専門家が確認のために患者のデータを提供した調査会社にデータを公開するよう求めたところ、「データの提供者との合意に反する」として会社側が拒否。
このような調査会社の動きから「データの信ぴょう性を確認できない」と判断され、最終的には論文を撤回することになりました。

この調査会社は他にも複数の研究に関与していたとして、その中には北里大学の大村智特別栄誉教授が発見した「イベルメクチン」と新型コロナウイルスに関連する調査報告も含まれていると報じられています。

一方で、ヒドロキシクロロキンの効果に疑問を投げ掛ける声も消えたわけではなく、現在進行系で効果を確認するための臨床試験や調査が世界中で行われているところです。
抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンはアメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの予防や治療に推奨しており、その真偽を巡って専門家の間でも意見が割れています。

 

ヒドロキシクロロキン コロナ治療に効果なしとする論文を撤回
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200605/k10012458971000.html

新型コロナウイルスの治療に効果があるかどうか、世界各地で臨床試験が行われているマラリアなどの治療薬、「ヒドロキシクロロキン」について、治療の効果は認められなかったと先月発表した研究グループが、データの真実性を確認できないとして、論文を取り下げたことを明らかにしました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!