新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

都知事選の結果で解散総選挙を決断か 自公維の3党連立構想の噂 野党陣営は危機、れいわとの協力は?


7月6日に投開票された東京都知事選挙の結果を受けて、安倍首相が年内にも解散総選挙を決断するとの噂が飛び交っています。
噂の根拠となっているのは日本維新の会が支援していた小野泰輔氏が60万9178票も獲得したからで、仮に自公で過半数割れとなっても、維新を加えることで絶対多数は維持できるとの目論見があるからです。

既に橋下徹元市長や松井一郎代表とは何度も菅官房長官や安倍首相がやり取りを重ねており、何かあった時に備えて色々と交渉はしている可能性が高いと見られています。

今回の都知事選の結果は自公支援の小池百合子氏が365万7855票だったのに対して、野党連合の宇都宮健児氏で84万票でした。3番手にはれいわ新選組の山本太郎代表が獲得した65万票がありますが、維新と自公をまとめてみるとその差は歴然です。

安倍首相は先月から麻生太郎副首相を始め、党内の重鎮たちと相次いで会合を行っています。詳しい内容は分かっていませんが、解散総選挙や次の内閣に向けたポストの調整作業だと言われ、衆議院の任期(解散総選挙の期限)からしても年内に仕掛けてくるのは十分にありそうな話です。

都知事選で示されたのは自公維が依然として強いことと、野党がまとまらないと勝負にすらならない点。減税を拒んでいる立憲民主党が考え方を改めなければ、更に野党分断が進んで、次の総選挙も自公の勝利になるでしょう。

 

都知事選で野党不振、首相の解散判断に影響
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61182120V00C20A7PE8000/

安倍政権はコロナ対応や内閣支持率の落ち込みで逆風を受ける。野党共闘が進んでいない状況を踏まえ、与党内に早期解散を容認する考えが広がる可能性がある。

自民幹部は「野党が立ち直る前の年内解散があってもいい」と話す。別の幹部は「野党の足並みがさらに乱れれば早期解散の機運は高まる」と指摘する。

首相の盟友、麻生太郎副総理・財務相は6月末、公明の斉藤鉄夫幹事長に「秋の解散が望ましい」との見解を示した。斉藤氏は選挙準備が進んでいないと年内解散に慎重な考えを伝えた。

「勝者なき選挙」だった東京都知事選 国政政党の影薄く
https://www.tokyo-np.co.jp/article/40090

野党側では、立憲民主、共産、社民の3党が支援した宇都宮健児氏、れいわ新選組の山本太郎代表が票を奪い合った。立民の須藤元気参院議員は山本氏支援に回り、離党届を提出。自主投票だった国民民主党の有志も山本氏を応援した。野党が一枚岩で与党に対抗する構図に程遠く、次期衆院選の共闘に不安を残した。
 国民は「れいわの勢いは無視できない」(玉木雄一郎代表)とし、今夏にも発表する政権構想では消費税への考えを見直す方針を示唆。山本氏が野党共闘の条件として「消費税5%」を唱えているからだ。立民は消費税減税に慎重なため、国民民主との溝がさらに深まる可能性がある。

東京都知事選
https://www.nhk.or.jp/senkyo2/shutoken/16407/skh48032.html

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!