新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本政府「旅行には行け、会社には行くな」 在宅7割を企業に要請へ!菅官房長官はワーケーションを強調


*官邸
日本政府がテレワークの70%実現を求めて、企業に要請する方向で調整していることが分かりました。

7月26日に西村康稔経済再生担当相は記者会見で「(各企業は)後戻りせず、多様な働き方の中でテレワークの割合を維持してほしい」と述べ、社員の在宅率を70%まで引き上げるべきだと主張。
更には菅官房長官も翌日の観光戦略実行推進会議で、「感染対策をしっかりと講じているホテルや旅館にかぎり、Go Toキャンペーンで宿泊代金の支援を行う」とコメントし、旅行しながらテレワークで仕事をする「ワーケーション」を普及させるように言及していました。

このワーケーションとは仕事の「WORK」とバケーションを合体させた和製英語であり、NHKの記事だと、テレワークと組み合わせて新しい働き方として政府は前向きに普及を検討していると書いてあります。

突然に出てきた謎の単語「ワーケーション」にネット民からは驚きの声が相次ぎ、旅行をしながら仕事をするという意味不明な政策に疑問や批判のコメントが殺到していました。

緊急事態宣言の状況下においてもテレワークの実施率は最大30%くらいだったわけで、補償や支援も無いままテレワークを推進しても大きく変わることはないと思われます。

 

企業に「在宅7割」要請へ 大人数会合自粛を―政府
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072600306

 西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が全国的に増加している現状を踏まえ、各企業が社員のテレワーク率70%を目指すよう近く経済界に要請する考えを明らかにした。飲み会を含め、大人数の会合を控えることも求める。

菅官房長官 「ワーケーション」普及で観光促進を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/k10012534331000.html

新型コロナウイルスの影響で観光需要が低迷するなか、菅官房長官は感染対策を行ったうえで「Go Toキャンペーン」の活用を呼びかけるとともに、観光や働き方の新たな形として休暇を楽しみながらテレワークで働く「ワーケーション」の普及に取り組む考えを示しました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!