新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

過去最多の感染者数でも東京オリンピック開催は変わらず!橋本五輪相「大会の開催は決定、観客数は上限を決めて対応」


新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を更新しましたが、日本政府は依然として来年の東京オリンピックを予定通りに開催しようとしています。

11月18日の衆議院文部科学委員会で橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣は「私としては、すでに大会の開催は決定しており、世界から観客を迎え、成功に導くという使命をいただいたと確信している」「客数の上限を決めていく」などと述べ、観客数を制限することで新型コロナウイルスの流行下でも開催は可能だと強調。
現時点で東京オリンピックの中止や再延期はあり得ないとして、来年の開催に向けて東京オリンピックは準備を進めている最中だと答弁していました。

11月18日に行われた記者会見でも大会組織委員会の森喜朗会長が「アスリートも我慢をして頂かなきゃならん点もあると思います」と発言し、大会の選手人数を制限する可能性に触れていたことから、人数制限をした上で東京オリンピックを実施する方向で政府が動いているのだと思われます。

IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が来日したことで東京オリンピックの中止宣言説も噂されていましたが、日本政府の答弁的に年内の中止宣言はまず無さそうです。
場合によってはこのまま強行開催もありそうな雰囲気で、東京オリンピックがどうなるのか分からない情勢が続いています。

 

橋本五輪相 「開催は決定 観客数の上限決める」感染対策加速へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201118/k10012718561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

来年の東京オリンピック・パラリンピックについて、橋本担当大臣は、衆議院文部科学委員会で、開催は決定しているという認識を示したうえで、観客の受け入れを想定し、具体的な感染対策の検討を加速させる考えを強調しました。

 


情報速報ドットコムの最新記事が届きます!