新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

愛知の西尾市副市長がワクチン接種で優遇措置、企業経営者を優先変更!「公平性をかき心からおわびしたい」


*公式
愛知県西尾市の新型コロナウイルス用のワクチン接種で、近藤副市長が市内在住の企業経営者とその妻を優遇していたことが分かりました。

NHKの記事によると、優遇措置を行ったのは近藤副市長の指示で、他の市民らがワクチン接種を予約している状況において、大手薬局チェーン「スギホールディングス」の会長とその妻の予約を優先的に受け付けていたとのことです。
西尾市の発表では仮予約として接種枠を確保し、本来の受付番号とは違う番号を伝えた上で、その番号にかければ優遇措置を受けることが出来るようにしていたとなっています。

元々、会長の秘書から「ワクチンを早く打てないか」などと市に打診があり、担当の健康福祉部の部長と近藤芳英副市長が相談して便宜を図る決定をした流れだと報じられていました。

既に西尾市の中村市長は「公平性をかき心からおわびしたい」とのコメントを出して、一連の優遇措置問題を謝罪しています。
行政が特定個人を優遇していたことが発覚したことで、このニュースは日本中に波紋を呼んでいるところです。

 

愛知県 西尾市副市長が企業経営者らにワクチン優先接種で便宜
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210511/k10013023111000.html

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐって愛知県西尾市が副市長の指示で、市内に住む企業経営者とその妻の予約を優先的に受け付けていたことがわかり、11日会見した中村市長は「公平性をかき心からおわびしたい」と陳謝しました。
西尾市によりますと、10日始まった新型コロナウイルスワクチンの高齢者への集団接種で、大手薬局チェーンの「スギホールディングス」の会長とその妻の予約を優先的に受け付けていたということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!