新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

情報隠蔽?厚生労働省がワクチン死亡事例の詳細発表を中止!今月から方針変更、症状や体温などが無し


*厚生労働省
厚生労働省が新型コロナウイルス用のワクチンについて、死亡事例の詳細発表を止めたことが分かりました。

厚生労働省は公式ホームページ上でワクチンの副反応を報告していますが、先月までそこの中に死亡事例の詳細な一覧が添付されていましたが、6月に入ってからそれが殆ど消えてしまった状態になっていることが発覚。
日刊ゲンダイの記事によると、情報量が多すぎて厚生労働省が独自の判断で整理した結果で、厚生労働省の担当課は「審議会の専門家から、『情報量が多すぎて整理してほしい』と以前から指摘されていたので(資料を省いた)」などと説明しているとのことです。

省略された死亡事例には体温や詳しい症状、病状の変化などが詳細に書かれており、専門家ではない人でもワクチンの副反応がどのようなものなのか一目で分かるようになっていました。
事実上の情報隠蔽だと思われ、このような行為を平然と行っている厚生労働省に多くの国民は強い不信感と疑念の気持ちを抱くことになりそうです。

 

厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/290437

なぜか、厚労省は前回(5月26日)まで公表していた死亡事例の詳細に関する資料を添付しなくなった。

それまでは接種日や発生日、死因などの一覧表に加え、その時の体温や死亡に至る経過や状況などが細かく記された資料が示されていた。資料を見れば、審議会の専門家でなくとも、副反応の可能性などについて考察できただろう。ところが9日公表の資料には、そうした詳細がなくなったのだ。一体なぜなのか。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!