新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

第7波の兆候?都内でオミクロン株BA.2が加速増加!前週の2倍以上 今後はBA.2系統が主流となる恐れ


東京都
3月24日に東京都は新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、変異株「オミクロン株」の別系統である「BA.2」の感染事例が急増していると報告しました。
通常のオミクロン株と比べて強い感染力を持っているとされている「BA.2」は3月1日からの1周間が17.8%の比率だったのに対して、3月8日から3月14日の1週間で38.5%に増加。

東京都の新規感染者数にもこの数日間で増加傾向が見られ、今後はオミクロン株が急激に「BA.2」へと変わっていく可能性が高いです。

モニタリング会議では新型コロナウイルスの再感染や感染拡大を懸念する声が相次ぎ、多くの専門家らは「BA.2株が従来株を逆転し主流になる」との見解で一致していました。
これが第7波を引き起こすトリガーになる恐れもあり、引き続きBA.2の感染状況には注目したいところです。

↓変化の推移グラフ

 

BA.2への置き換わり 都内で急速に進む 専門家、再拡大を懸念
https://www.asahi.com/articles/ASQ3S65D2Q3SUTIL03W.html

第6波の主流だったオミクロン株のBA.1からBA.2への置き換わりが急速に進んでいることから、感染状況の警戒レベルは最高レベルが維持され、専門家は「感染の再拡大の危険性が高いと思われる」とコメント。年度末前後のイベントによる人の移動、接触機会の増加に注意を促した。

都内でオミクロン「BA.2」株感染例、38%超に急増 専門家が感染再拡大へ警告
https://nordot.app/879901988713218048

東京都内の新型コロナウイルスの感染状況と感染対策を評価する都のモニタリング会議が24日開かれ、感染力がより強いとされるオミクロン株の変異株「BA.2」の検出割合が前週より急増し、4割弱にまで高まっていることが分かった。会議に出席した専門家は、今後の感染再拡大への懸念と対策継続を呼びかけた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!