新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大相撲の女性差別騒動、巡業責任者の「トイレに居た」は大嘘?映像では類似人物が会場に


4月4日の春巡業で多々見良三舞鶴市長(舞鶴)が倒れ、人命救助中の女性らに「土俵から降りて」などとアナウンスがあった問題で、巡業責任者に虚偽疑惑が浮上しています。

問題となっているのはメディアのインタビューに応じて、「当時はトイレに行っていた」などと証言をしていた巡業部長です。
昨夜からネット上では「巡業先の市長の挨拶中に、巡業責任者たる巡業部長の春日野がトイレに行く訳がない」などと指摘を受けていましたが、実際に現場を撮影していた映像に本人と思われる人物が映り込んでいた事が発覚。

少なくとも、服装や体型はほぼ同じで、これが本人だとすれば、トイレ発言は大嘘ということになります。全く同じような服装をしていた別人の可能性もゼロではありませんが、市長の挨拶中に巡業部長が居なくなるという不自然さを考えると、本人である可能性は捨てきれないと言えるでしょう。

 

春日野巡業部長が謝罪「想定外の出来事でビックリ」
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201804050000436.html

 同巡業部長によると市長が倒れたタイミングは、幕内の取組準備を進めている時。審判の親方衆も土俵脇につく前で、自身もトイレに行って席を外していた。「想定外の出来事でビックリした。(アナウンスも)聞こえなかった」という。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!