新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発の作業に外国人技能実習生6人!東電も把握せず、テロ対策の面でも不安が


福島第一原発の作業に外国人技能実習生が参加していたことが分かりました。参加していたのは技能実習制度で来日した実習生6人で、がれきなどを焼却する施設の建設工事に携わっていたと報じられています。
東京電力では実習生を敷地内で働かせないことを定めており、今回の派遣は下請け企業が独断で行いました。

東京電力はメディアに対して、「改めて元請け企業に契約内容の確認を徹底させたい。同様の事案がないか調査していきたい」とコメントし、再発防止を徹底するとしています。

福島第一原発では日本人作業員の不足が目立っている状態で、事故直後から「外国人の労働者が増えている」と言われていました。
今回の騒動で東京電力が作業員の把握をしていないことが表面化したと言え、テロ対策の面からも不安があるところです。

事故の収束作業が長引くほどに作業員の問題は顕著化する可能性が高く、今後も福島第一原発がある限りは同じような問題が起きることになるでしょう。

 

外国人技能実習生6人が福島第一原発で作業
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180501/k10011424191000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005


日本で働きながら技術を学ぶ技能実習制度で来日した実習生6人が、福島第一原子力発電所でがれきなどを焼却する施設の建設工事に携わっていたことがわかりました。東京電力は、実習生を福島第一原発で働かせないことを自主的に定めていて、「元請け企業に契約内容の確認を徹底させたい」としています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!