気象庁、今頃になって連動性地震の危険性に気が付く!「地震続発傾向に注意を」


熊本地震などで大きな地震が起きた後に、それを超える規模の大きな本震が発生するタイプの地震が相次いでいることを受けて、気象庁は地震が続発する地域の注意喚起を強化する方針に変更しました。

今までは震度5弱以上の地震が発生した場合、それを本震だと仮定して、それよりも規模の小さな余震に注意を呼び掛けていました。
今度からは「更に大きな地震が発生する可能性がある」という前提で、地震が続発する傾向がある地域については、そこに重点を置いて注意を呼びかける手法を導入すると発表。

過去には東日本大震災でも本震の2日前にマグニチュード7クラスの強い地震を観測しており、本震の規模が大きいほど、前震の数も多発する傾向が強いです。熊本地震では震度7を2回も観測しているわけで、気象庁の対応はやや遅い感じが拭えないと言えるでしょう。

 

“地震続発傾向”重点に注意呼びかけ 気象庁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011439701000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

おととし4月の熊本地震など地震が続発するケースが相次いでいることを受けて、気象庁は、大地震が発生した際の記者会見で、地震が続発する傾向がある地域については、そこに重点を置いて注意を呼びかける手法を導入しました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    地震予知予想なんて、こんなものですよ。

    大きめの、例えば震度5が起きたら、それを本震とみなしてしまうことね。
    それは余震ではなく前震かもしれないということね。バカバカしいね。

    この議論は根本的に間違ってるよ。
    地震は予測不可能です。
    日本中、世界中、いつどこで起こるかはわかりません。
    千年単位の確率ならば当たらないこともないけど意味ないでしょ。

    予算欲しくて南海地震のインチキ確度を発表する学者達やGPS計測で予測出来るなどど吐かすジイさんはくれぐれも相手にしないことね。

    東南海沖地震が危険なら、他は大丈夫かと思い易いでしょ。これ危険。

    いつどこで大地震、大津波がくるかはわかりません。
    備えるしかありません。

  • 匿名 より:

    大震災が近いという事は日本の終わりも近いという事
    日本の終わりとは民主主義日本と言う意味です
    震災が起きたら自民は法案が通っていなくても
    緊急事態とか言い出して 国会を無くして
    未来永劫安倍さんが総理の独裁国家にしてしまうでしょうね

  • 匿名 より:

    2018年5月17日 1:37 PM
    大震災が近いという事は日本の終わりも近いという事

    具体的に言うとこんな感じ
    日本でマグニチュード9クラス⇒下手すりゃ世界が終わる
    日本でマグニチュード8クラス⇒下手すりゃアジアが終わる(日本とその周辺国は絶望的)
    マグニチュード7・5以上の地震⇒下手すりゃ日本終わる

  • 匿名 より:

    最近世界中で火山が噴火してるから注意だな

  • 匿名 より:

    「大震災が近い」って記事では ないんだが、お前はデンパ( ( ( ( ( (゚∀゚) ) ) ) ) )か?
    http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_denpa.htm

  • 酒井 より:

    気象庁は責任ないから楽園ですね。