新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

RADWIMPSの曲「HINOMARU」に賛否!抗議集会の呼び掛け!「過剰反応」との声も多数!


人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲「HINOMARU」が炎上状態となっています。問題となっているのは「HINOMARU」の歌詞に「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の 御名の下に」などと軍歌を彷彿とさせる言葉があるからで、一部の左派層が抗議集会を呼び掛ける事態に発展しました。

作詞・作曲を担当した野田さんは自身のSNSで「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」と述べ、今回の騒動を謝罪。
戦時中のことと結びついた点は想像力不足だったとして反省するとしています。

しかしながら、依然として騒動は収まる気配がなく、6月26日に神戸ワールド記念ホール(神戸市)で開催予定のライブ・イベントに合わせて、抗議デモをやろうとする動きもあるところです。

ネット上では大半の方達が「そこまで反応するのは行き過ぎ」「謝罪があったんだから良いと思う」「綺麗な曲で素晴らしい」などと「RADWINMPS」の方を擁護している感じでした。
曲の内容からも戦中や軍歌とは無縁であり、抗議デモを呼び掛けている人達は過剰反応だと言えるでしょう。

 

RADの「HINOMARU」騒動、抗議集会に発展か 告知の主催側「2度と歌わないこと求める」
https://www.j-cast.com/2018/06/14331406.html

人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲「HINOMARU」の歌詞をめぐる炎上騒ぎは、作詞を担当したボーカル・野田洋次郎さんの謝罪後も、一向に鎮火する気配が見えない。

今回の騒動を受けて、RADWIMPSのライブ会場の前で抗議集会を呼び掛けるツイッターアカウントも登場。J-CASTニュースでは、このアカウントを通じて抗議の主催側に取材。その意図やバンド側への要求内容などを尋ねた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!