新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

玉城デニー新知事と安倍晋三首相が初会談!辺野古問題で協議要請!基地建設に反対を伝達

*官邸
10月12日に沖縄の玉城デニー新知事と安倍晋三首相が初めて会談を行い、改めて辺野古基地の方針を再確認しました。玉城氏は安倍首相に「名護市辺野古への基地移設に反対する」と宣言し、その上で協議の場を設けるように要請。
これに対して安倍首相は辺野古の基地建設を引き続き推進する方針を示して、協議要請にも具体的な回答はしなかったと報じられています。

会談はそのまま平行線状態となり、お互いの意見を簡単に確認しただけで終わってしまいました。この会談についてネット上では安倍晋三首相がカンペを読み上げていたことにも注目が集まっていたところで、「カンペなしの玉城・カンペの安倍首相」などと言われて物議を醸しています。
今回の会談で沖縄と安倍政権の溝は全く変わらなかったと言え、引き続き辺野古基地を巡る対立は続くことになりそうです。

 

辺野古移設めぐり平行線=玉城沖縄知事、安倍首相に協議の場要請
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000051-jij-pol

 沖縄県の玉城デニー知事は12日、首相官邸で安倍晋三首相と就任後初めて会談した。
米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する立場を伝え、協議の場を早急に設けるよう要請。首相は辺野古移設を引き続き推進する考えを示し、要請にも明確な返答をせず、会談は平行線に終わった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!