新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

APEC首脳会議、米中対立で異例の首脳宣言無し!首脳宣言無しは初!冷戦後で最悪の情勢か


南太平洋のパプア・ニューギニアに世界各国の首脳らが集まってAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が行われていましたが、アメリカと中国の対立激化によって史上初めて首脳宣言が無いまま閉幕となりました。

アメリカと中国は貿易政策の違いを巡って会議の冒頭から激しい論戦となり、アメリカのペンス副大統領と中国の習近平国家主席が声を強めて批判し合う場面もあったところです。

安倍総理は会議で自由貿易の重要性を強調し、「国際的なルールにのっとり、貿易・投資の自由化と連結性の強化によって繁栄するアジア太平洋地域は、日本が志向する『自由で開かれたインド太平洋』の核だ」などと発言するも大きな進展はありませんでした、

今回は首脳らがまとまらなかったことで、議長の権限で成果をまとめる議長声明を出すとしています。

 

APEC 首脳宣言まとまらず 自由貿易めぐり米中などに隔たり
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181118/k10011715211000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

パプアニューギニアで開かれていた、APEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議は、貿易をめぐるアメリカと中国との意見の対立で初めて、首脳宣言がまとまらずに閉幕するという異例の事態となりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!