新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国会批判で越権行為、法制局長官発言に批判殺到!委員長も遺憾の意!岡田克也氏「おごりだ」


横畠裕介(よこばたけ ゆうすけ)内閣法制局長官の発言が物議を醸しています。問題となっているのは6日の予算委で、野党議員の質問をやゆした横畠氏の発言です。
横畠氏は立憲民主党会派の小西洋之議員に対し、「このような場で声を荒らげて発言することまで含むとは考えていない」と述べ、野党議員は声を荒げていると批判しました。

内閣法制局は政府提出法案に憲法違反などがないか厳重にチェックする「法の番人」で、基本的に「国権の最高機関」とされる国会への批判は越権行為として禁じられています。国会関係者は「本来ならば野党は審議拒否して横畠氏のクビを取りに行ってもいい」というような発言も飛び交っており、金子原二郎参院予算委員長も遺憾の意を表明。

現在も与野党の双方から批判の声が噴出しています。ただ、安倍政権は横畠氏の辞任要求までは認めておらず、あくまでも謝罪だけで対応する可能性が高いです。

 

法制局長官発言、岡田克也氏「ボスを見るとそうなる」
https://www.asahi.com/articles/ASM384TZFM38UTFK01C.html

国会批判? 「越権行為」に広がる波紋 法制局長官発言に厳重注意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000095-mai-pol

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!