新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【世論調査】消費増税で一番削減するのは「食費」 57.2%が「家計を見直す」 約6割が生活にゆとりなし


時事通信社が実施した世論調査で、約6割の回答者が消費増税で食費を削減する方向で検討していることが分かりました。

世論調査によると、消費税引き上げで家計の支出を見直すかを訪ねた項目では、「見直す」が57.2%となり、「見直さない」の37.2%を大幅に超えたとのことです。男女比は「見直す」が男性49.3%に対して女性65.5%。

また、「見直す」と回答した方に具体的な内容を聞いたところ、「食費」が最多で59.4%、次は「外食、旅行などの娯楽費」で39.5%となっていました。今の時点での「生活のゆとりに関する世論調査」でも、58.5%が「ゆとりを感じていない」と回答し、国民の厳しい生活環境が明らかになってきました。

安倍政権は「リーマンショック級が無ければ消費増税を実施する」としていますが、この状態を見ると、現時点で国民生活は危機的な状況だと言えるでしょう。

 

消費増税で「家計見直す」6割=減らすのは「食費」が最多-時事世論調査
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032400111&g=soc

時事通信が実施した「生活のゆとりに関する世論調査」で、58.5%が「ゆとりを感じていない」と回答したことが分かった。前年の同じ調査から3.0ポイント増だった。10月に予定される消費税率の10%への引き上げに際して「家計を見直す」と答えた人も57.2%に上った。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!