新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

宮迫博之と田村亮が記者会見!詐欺グループとの取引問題で!「吉本興業としても反社会的勢力の仕事を・・・」


7月20日に芸能人の宮迫博之氏と田村亮氏が記者会見を開き、反社会的勢力との取引があった件について改めて謝罪しました。

宮迫氏は吉本興業の岡本昭彦社長から圧力があったと触れた上で、「吉本興業の岡本社長が『お前、テープ回してないやろなと。お前辞めて、1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と言われました。何も言えなくなりました。それが(6月)24日です」とコメント。
吉本興業を辞めた後も芸能界での活動は継続するとしており、田村亮氏も「引退とは考えていないです」と強調していました。

記者会見に関しては吉本興業側が反対していたようで、記者会見の実施を巡って対立が激化し、今回の契約解消に繋がったとしています。

また、過去には吉本興業として反社会的勢力と関係する仕事をしたことがあるとも言及、この発言がネット上で物議を醸しているところです。

 

宮迫 会見したくても吉本興業社長が圧力「全員クビにするからな」
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/20/0012532243.shtml

闇営業問題で吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、吉本から謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を行った。
宮迫は謹慎前に当初は会見で事情を釈明したいという意向を持っていたが、「吉本興業の岡本社長が『お前、テープ回してないやろなと。お前辞めて、1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と言われました。何も言えなくなりました。それが(6月)24日です」と、吉本興業の岡本昭彦社長側からの圧力があったことを明かした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!