新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

来月から「出国税」を実施!初年度の税収は500億円、出国時に1000円!日本人用顔認証ゲートを増設へ


来年年1月7日から国際観光旅客税(出国税)が開始されます。この出国税では2歳以上の全ての日本人と外国人を対象に、航空や船舶で日本から出国する際に1人1000円をチケット代に上乗せする形で徴収する予定です。
出国税の税収は1年間で約500億円を見込み、出入国の管理・監視を強化するためのシステム導入費などに使われると報じられています。

具体的なシステムとして指紋識別技術や日本人用顔認証ゲートの増設が検討されており、同時に多言語表記や無料の公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の整備、トイレの洋式化、キャッシュレス対応にも予算を使う方針。

ただ、出国税の法案はほぼ議論が無いまま可決・成立してしまったことから、出国税の存在を知らなくて困惑している国民も多いです。来月の導入では混乱も予想され、どうなるかは未知数だと言えるでしょう。

 

年度の税収は500億円 国際観光旅客税の使途判明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000509-san-pol

 政府は15日、来年1月から出国者を対象に徴収する国際観光旅客税の平成31年度の使途を固めた。税収は約500億円を見込む。出入国時の円滑な環境整備に約70億円を充て、日本人用顔認証ゲートを大幅に増やして外国人の出国手続きにも活用したり、指紋識別技術システムについて世界水準の技術を導入したりする。通信環境も整備するなど予算を集中的に配分し、観光立国に向けた課題の解決を目指す。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!