新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党の伊吹元衆議院議長「改憲理由の衆院解散総選挙は憲法違反」


自民党の伊吹元衆議院議長が憲法改正を理由にした衆議院解散総選挙は違憲だと言及しました。

NHKの記事によると、伊吹氏は派閥の会合で「憲法改正の発議権は憲法上、内閣にはなく、国会にある。総理大臣が憲法改正をテーマに衆議院を解散することが万が一起こったら完全な憲法違反だ。自分の権限の外にあるものを理由に、権限を行使することは許されない」と述べ、安倍政権の解散総選挙をけん制したとのことです。
安倍首相は憲法改正を最大の目標として掲げており、年末年始にも解散総選挙を行う可能性があると言われていました。

それだけに伊吹氏が党内の会合で違憲発言をすることで、憲法改正を口実にした総選挙にストップを掛ける狙いがあると見られています。

 

「改憲テーマに衆院解散 完全に憲法違反」自民 伊吹元衆院議長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012146781000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

自民党の伊吹元衆議院議長は派閥の会合で「憲法改正の発議権は憲法上、内閣にはなく、国会にある。総理大臣が憲法改正をテーマに衆議院を解散することが万が一起こったら完全な憲法違反だ。自分の権限の外にあるものを理由に、権限を行使することは許されない」と指摘しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!