新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

英語民間試験の延期、見直しで実施は5年後に変更へ!二転三転に高校からは怒り!「前提で受験勉強していた」


英語民間試験の導入延期が決まったことで、受験を目前に迫った高校の現場からは怒りの声が相次いでいます。

特に英語民間試験の実施を前提として受験勉強を行っていた学校では教師や生徒から、「中止ならもっと速く決断して欲しかった」「予約金を払ったりして準備していたのに・・・」などと困惑の声が殺到。

NHKの記事でも民間試験に向けて準備を進めていたさいたま市・栄東高校の反応を紹介し、英語の担当教員からは「びっくりしました。準備をしてきた生徒はいったいどうなるんだろうと、はらわたが煮えくり返る思いです。もっと早い段階で決断して欲しかった。振り回された生徒を考えると気の毒でならない。高校生はいちばんの被害者だ」というようなコメントがあったと掲載していました。

萩生田文科相は11月1日の記者会見で、「全体的に不備があることは認めざるを得ず、延期して課題を検証し、どういった点を改善すれば、皆さんが限りなく平等に試験を受けられる環境を作れるかに注力したい。仕組みを含めて抜本的に見直しを図りたい」と述べ、5年後の令和6年度の実施に向けて、改めて検討をするとしています。

ただ、この英語の民間試験を巡ってはベネッセのような一部の企業を過度に優遇しているとの話があり、政府と民間試験企業の融着問題があると指摘されているところです。民間試験についても有用性に疑問を投げ掛ける声が多く、5年後に実施が出来るのか不透明な流れとなっています。

 

萩生田文科相 英語試験 抜本的に見直し 5年後実施に向け検討
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191101/k10012160001000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

萩生田文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、大学入学共通テストに導入される英語の民間試験について、来年度からの実施を延期することを明らかにしたうえで、試験の仕組みを抜本的に見直し、5年後の令和6年度の実施に向けて、改めて検討する考えを示しました。

「はらわたが煮えくり返る」高校からは憤り 英語民間試験延期
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191101/k10012160831000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

来年度から今の大学入試センター試験に代わって、新たに実施する「大学入学共通テスト」。その柱として導入が決まっていた英語の民間試験の延期が決まったことを受けて、これまで対応に追われてきた高校からは戸惑いや憤りの声が聞かれました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!